オリゴ糖と日和見菌

腸内細菌には善玉菌と悪玉菌がいることを前記で述べましたが、正確には善玉菌と悪玉菌、そしてそのどちらでもない日和見菌と呼ばれる細菌もいることは知っておくべきでしょう。それぞれの割合としては、健康な状態だと善玉菌がおよそ15%、悪玉菌がおよそ10%前後、日和見菌は残りの75%もの割合を占めており、日和見菌が腸内細菌の内の大部分を占めていることが分かります。そして大切なことは、この日和見菌はその名前の通り、善玉菌にも悪玉菌にも成り得るということです。

日和見菌の特徴は、善玉菌と悪玉菌の勢力が強い方の味方になるということです。上記の例のような善玉菌の割合が多く、優性な場合には善玉菌側に、それとは逆に便秘の状態が続いているような悪玉菌の割合が多い場合には悪玉菌側の味方になってしまうという少々面倒な細菌になります。

そのため日和見菌を味方につけるためには善玉菌が優性な腸内環境へと整えてあげる必要があると言え、そのため有効なのがオリゴ糖となります。オリゴ糖には善玉菌のエサになる成分が含まれており、つまり便秘の改善にも効果が期待できるというわけです。またオリゴ糖の摂取と共に行いたいのが悪玉菌を増やさないことになります。

Pocket